• トップ /
  • 家探しのトラブルや悩み

家探しで起こり得るトラブル

家探しのトラブルや悩み

家探しに多いトラブル

引越しに伴う家探しや部屋探しで多い悩みやトラブルが、入居後の深夜の騒音です。不動産業者は賃貸物件を紹介するプロフェッショナルですが、引っ越す側に不動産関係の知識がないことも原因となります。基本的な間取りや家賃、築年数だけではなく、家探しの際は周辺エリアの状況や、その物件に住んでいる人の状態なども把握している必要があります。また4月は新年度が始まるために、競争率が高くなる傾向があり、トラブルのない物件から決まっていきます。この時期は、家探しをする人だけでなく、不動産会社にとっても入居者の争奪戦となります。そのため、借りる側にも貸す側にも様々な悩みが発生します。貸す側にとっては、勤務先や保証人がはっきりしている人に入居してほしいと考えますが、家探しをしている人の中には、保証人がいないという悩みを持つ人もいます。また不動産会社は、トラブルを避けたいと考えていますが、入居後に近隣にビルが建つことまでは把握できません。そのため、入居後にビル建設の騒音がひどくなったというトラブルも発生しています。従って、家探しで失敗しないためには、信頼できる不動産会社を選び、同時に多くの情報収集をすることが大切です。

バックナンバー

↑PAGE TOP